大田区の葬儀で喪主をつとめました

葬儀について打ち合わせをすることになりました

その後、自宅で葬儀について会社のスタッフと打ち合わせをすることになりましたが、最初に見積もりを出してくれたので、費用に関しては心配することがありませんでした。
一般的に葬儀費用は高いと聞いていたので、少し心配していましたが、提示された見積もりにはそれぞれの項目がわかれていて内訳がはっきりしていたので、納得することができました。
喪主は伴侶である母にしてもらいたいと考えていましたが、母は落ち込んでいましたし、スタッフさんからも息子である私が喪主をしても全く問題がないと言ってもらえたので、喪主をつとめることにしました。
ただ自分がまだ20代ですし、一度だけ親戚の葬式に参列したことはありましたが、葬式の流れについても良く知らず、喪主の挨拶にしても何を言えばいいのかわかりませんでした。
そうしたらスタッフがこれまでの葬式の流れを教えてくれて、喪主の挨拶としてテンプレートな例文をいくつか紹介してくれました。
それを元に、自分で挨拶文を考えることにしましたが、例を出してくれたことはとても助かりました。
香典返しなどは複数の中から予算に応じて選ぶことができましたし、棺のグレードなども変えられるので柔軟性があると感じました。

60代で父が亡くなりました : 葬儀について打ち合わせをすることになりました : 初めての葬儀を無事に終えることが出来ました