大田区の葬儀で喪主をつとめました

60代で父が亡くなりました

60代で父が亡くなりました : 葬儀について打ち合わせをすることになりました : 初めての葬儀を無事に終えることが出来ました

半年前に父が定年を迎えて、長年勤めていた会社を無事に退職することになりました。
これまで仕事一筋で生きてきたので、これからは家族とゆっくり過ごすことができるだろうと言っていた矢先に、病気が見つかりました。
懸命に治療を行いましたが、治療が及ばずに亡くなりました。
まだ60代ということで、世間一般からすると若い年齢であったことから、自分を含めて家族は悲しみに打ちひしがれてしまいました。
特に母の焦燥の色は濃くて、母も倒れるのではないかと心配になるほどでした。
しかし父が亡くなった後は、様々な手続きをしなければなりませんし、葬儀も行わなければなりません。
父が亡くなった病院で、葬式についてどうしようと迷っていたら、看護師さんから大田区の複数の葬儀会社を紹介してもらうことができました。
そこから自宅からほど近いところの会社を選び、相談をしたところ、すぐに病院まで遺体を運んでくれる手はずを整えてくれました。
とにかく父を自宅に帰らせてあげたいという強い想いがあったので、自宅まで専用の搬送車で運んでもらうことにしました。

【人】小林美夫氏 日本大名誉教授、建築学 (東京新聞) https://t.co/so5kXWlGSk 小林美夫氏(こばやし・よしお=日本大名誉教授、建築学)5日、心不全のため死去、89歳。
埼玉県出身。
葬儀・告別式は10日午後1時半から東京都大田区田園調布3の43の1、カトリ…

— 経済ニュース (@twinews1) 2017年10月7日

葬儀の簡単手引き : 【第一社】葬儀・葬式は信頼と安心の葬儀社